「ほっ」と。キャンペーン

パニック障害 薬 種類



<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


パニック障害のむずかしさ

一般的な人が思うパニック障害というのは、



どういうイメージでしょうか?



いつもパニックを起こしてる。




突然泣き叫ぶ。

みたいなイメージでしょうか。



たいていのパニック障害をかかえた人たちは、



どちらかといえば、大声を出したり、



誰かを巻き込んで騒いだりするのではなく、



自分自身の身に起こった異常に耐えきれず、



うずくまったり、倒れたりしている人がほとんどです。



また、パニック障害という命名さえ、



治療の側面ではほとんど意味をもたず、



パニック障害の治療をするということはなく、



なぜそのような症状がでてしまうのか、



原因を究明し、それに対する処方をし、



薬を出すのが、ほとんどの治療パターンの基本です。



症状が落ち着いたら、その症状を軽くして、



社会復帰をするための訓練を開始する。



行動療法などを使って、その症状がでる行動を想定し、




そういう行動(例えば電車にのって会社に向かうなど)に対して、



対応できるように、何度も何度も繰り返し連取していく。



最終的に会社にでられるよう、会社で慣れる訓練を経て、




社会復帰できるようにしていく。



パニック障害の詳しいことはパニック障害 薬に記載されています。


症状や克服方法にも詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてくださいね。
[PR]
by danjoden | 2013-09-24 17:27


パニック障害の薬についてまとめています。
以前の記事
2014年 02月
2013年 09月
最新のトラックバック
人気ジャンル
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル